ノンカフェインおすすめガイド

ノンカフェイン(カフェインゼロ/デカフェ/カフェインレス)の飲み物に関する情報や、おすすめの商品を紹介しています。

「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」の違い

ノンカフェイン?カフェインレス?デカフェ?

「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」の違い

カフェインが「入っている/入っていない/少しだけ入っている」の違いによって、様々な呼ばれ方をします。

意味を混同しがちなので、それぞれの呼び方を整理してみました。

point1ノンカフェイン」や「カフェインゼロ」は、元々カフェインが全く含まれていないこと。
カフェインレス」や「ローカフェイン」は、カフェインが少し含まれているもの。
デカフェ(ディカフェ)」は、元々カフェインが含まれているものから、カフェインを抜いたもの

カフェインが全く入っていないと思っていたら、少し入っていた・・・!なんてことにならないように、表記の確認をする際、気をつけたいですね。

デカフェの注意点

ちなみに、「デカフェ(ディカフェ)」には、カフェインがほんのわずかに残っている場合が多いようです。

つまり、デカフェ=カフェインレス・ローカフェインとも言えます。

デカフェ後のカフェイン量はかなり微量のため、妊娠中や授乳中の方が摂取しても問題ないとされていますが、気にする方は気にすると思いますので、(特に贈り物をされるときなど)注意しておいて損はないと思います。

また、カフェインを抜く際のやり方によって、品質に差がでることがあるようです。デカフェを購入する際は、カフェインの含有量のほかに、カフェインの除去方法も確認しておきたいです。

脱カフェイン処理について

カフェインを除去する方法(脱カフェイン処理)には、大きく3つの方法があります。

(1)薬を使う方法
(2)水と薬を使う方法
(3)二酸化炭素を使う方法

(A)薬を使う方法

この方法は、カフェインが溶ける薬品(ジクロロメタン等)でカフェインを失くす。安上がりな方法であるが、カフェイン以外の成分も一緒になくなってしまう為、味が悪くなることと、薬が直接、コーヒーの生豆に接触させるため消費者が安全面での不安を抱きやすいという短所がある。

(B)水と薬を使う方法

この方法は、水に溶ける成分を生豆から抽出し、その水の中のカフェインを薬で失くし、さらに薬を失くし、生豆に戻す。このメリットは、薬(有機溶媒)が直接生豆に接さないので安全。さらに2段階で抽出するのでカフェイン以外の成分の損失が抑えられる。そして、薬(有機溶媒)を再回収するので経済的。

(C)二酸化炭素を使う方法

この方法は、一定以上の圧力と温度を加えることで、気体と液体の両方の性質を兼ね備えた、超臨界流体と呼ばれる状態にした二酸化炭素でカフェインを除去する。そのため超臨界二酸化炭素抽出といわれる。下記のような利点があり、さまざまな点において有機溶媒抽出法の欠点を補った、極めて優れた脱カフェイン法だとされている。

・常温に戻せば二酸化炭素の除去は容易で万が一残留しても毒性はなく安全。
・薬(有機溶媒)を使用しないので、廃液処理の必要がなく、燃焼性がなく火災の心配がいらない。

5分で分かるデカフェ(カフェインレスコーヒー)の作り方より引用

現在主流となっているのは、(3)の「二酸化炭素を使うやり方」です。この方法が最も優れた脱カフェイン法とされています。

この除去方法を使った商品には、「超臨界二酸化炭素抽出」と記載されていることが多いです。企業もアピールしているのでわかりやすいのではないでしょうか。

特に記載のない商品であれば、(2)の「水と薬を使うやり方」をしているはずです。水と薬とありますが、薬品が直接豆に触れないので、安全な方法です。

(1)の「薬を使うやり方」は、薬が直接豆に触れるため、安全面で不安の声が多く、現在日本では販売は禁止されています。(1)の「薬を使うやり方」を使ったデカフェ製品が、日本で販売されていることはないのでご安心ください。

以上をふまえると、(3)の「二酸化炭素を使うやり方」、つまり「超臨界二酸化炭素抽出」が最もおすすめできる方法と言えそうです。

公開日:
最終更新日:2014/12/25

NEW POST

【レビュー】AMOMA 妊活ブレンド

今回は、AMOMA(アモーマ)さんの「妊活ブレンド」を飲んでみました♪ “妊活ブ …

【レビュー】AMOMA ミルクアップブレンド

今回は、AMOMA(アモーマ)さんの「ミルクアップブレンド」を飲んでみました♪ …

【レビュー】母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド

今回は、ハーブティー専門店デザインウィズティーサロン(Design with T …

【レビュー】こうのとりのハピネスブレンド(妊活ブレンド)

今回は、ハーブティー専門店デザインウィズティーサロン(Design with T …

【レビュー】ティーライフのたんぽぽ茶ブレンド

今回は、ティーライフさんの「たんぽぽ茶ブレンド」を飲んでみましたのでレポします♪ …