ノンカフェインおすすめガイド

ノンカフェイン(カフェインゼロ/デカフェ/カフェインレス)の飲み物に関する情報や、おすすめの商品を紹介しています。

妊娠中はどんな飲み物を飲んだらいい?

妊娠中 飲み物

妊娠したらアルコールはだめ、コーヒーはだめ、、、と何となく知ってはいたけど、実際に妊婦になってから何を飲めばいいのか、悩む場面が多くなりました。

そのときにあれこれ試した経験をもとに、具体的に何がOKで何がダメなのか、細かく調べてまとめてみました。

妊娠中の飲み物、どんなところに注意する?

アルコールの摂取は厳禁!

まずは禁酒です。よく言われることなのでご存知の方も多いですよね。

アルコールを多量にとると、妊娠経過に影響したり、「胎児性アルコール症候群」といって赤ちゃんにも影響する可能性があります。

みんなが集まるイベントや会合で、「少しくらいなら」と考えてしまうかもしれませんが、リスクを回避するために少量でもグッと我慢しましょう。

→だったらノンアルコール飲料ならOK?

カフェインは控える。1日の摂取量100mgまでならOK

妊娠中は全期間ずっと、カフェインが入っているものは控えます。これもよく言われていることですね。

カフェインは、長期に大量にとると、妊娠経過やおなかの赤ちゃんに影響する心配があるからです。最悪、流産の可能性が高まってしまうとのこと。

もう少しくわしく説明すると、

カフェインは妊娠中に必要な栄養(カルシウムや鉄分)の吸収をさまたげたり、

胎盤を通ってしまったカフェインを代謝できない胎児の体に負担をかけてしまったり、

カフェインが血管を収縮させてしまうことにより、胎児に必要な栄養や酸素が送られなかったり、、、

ということが起こります。

結果、おなかの赤ちゃんに悪影響が起こることは簡単に想像できますね><

ただ、カフェインはアルコールとは違って、少量であれば摂取しても問題ありません。→つまり、カフェインはちょっとなら毎日飲んでもOK!

カフェインの量の制限は、1日100mgくらいまで。コーヒーだと1日1杯程度、紅茶なら1日に1~2杯程度なら問題ありません。

各飲み物とカフェイン量は下記の表を参考にしてください。

ココアやコーラ、栄養ドリンクなど、意外な飲み物にカフェインが入っているので気をつけて。

種類 カフェイン量(150mlあたり)
コーヒー(焙煎・ドリップ) 135 mg
コーヒー(インスタント) 65 mg
ノンカフェインコーヒー 1 mg
紅茶 30 mg
ハーブティー 0 mg
ルイボスティー 0 mg
ココア 50 mg
麦茶(むぎちゃ) 0 mg
ウーロン茶 30 mg
ほうじ茶、煎茶 30 mg
玄米茶、番茶 15 mg
抹茶(まっちゃ) 45 mg
玉露(ぎょくろ) 180 mg
コーラ 15 mg
栄養ドリンク 30 mg

※商品によって量は異なりますので、目安程度に参考にしてください。

コーヒーや紅茶などは、妊娠前から愛飲している方も多いはず。ストレス解消やリラックスのために、ティータイムの時間は大切です。

我慢しすぎずに1日の摂取量を守って楽しみましょう♪


妊娠中に頼りにしていた飲み物

実際に妊娠期間中に、どんな飲み物にお世話になったかを項目別にまとめてみました。

麦茶

一番消費量が多くなったのは「麦茶」。ペットボトルでも種類が多く売られているので買いやすいです。

糖質も含まれていない(甘くない)ので、妊婦がごくごく飲めるお茶として取り入れやすいです。

ただし麦茶の種類によってはカフェインが入っているので要注意…!

見分けるポイントは、成分が「大麦100%」かどうか。(大麦にはカフェインが含まれていません)

最近では、パッケージに「ノンカフェイン/カフェインゼロ」の表記をしている商品が多いので分かりやすいはず。(逆に書いていない場合はカフェインが入っていると思っていいかも)

カフェインの心配がいらないお茶

麦茶以外では、「もともとカフェインが含まれていないお茶系」の飲み物として、

  • 十六茶
  • ルイボスティー(ルイボス茶)
  • とうもろこし茶
  • たんぽぽ茶

などが手に入りやすく、飲みやすいお茶として候補に入ります。何種類か試して好みのものを家に常備しておくと便利です。

同じ飲み物ばかりを飲んでいると飽きてしまったり、またつわりの時はとくに味の好みが変わってしまうため、飲み物の選択のバリエーションがあると、いざという時のストレス緩和につながります。

→つわりの時期に飲んでいた飲み物

ノンカフェイン・カフェインレス飲料

コーヒー・紅茶・緑茶が大好き♪♪・・・な妊婦にとって、これらを我慢しなきゃいけないのは結構ツライ・・・(!)

ですが最近は、カフェインを除いた「ノンカフェイン/カフェインレスな商品」が増えてきたので、以前ほど制限される感じはなくなってきましたね。

緑茶だけは種類が1つしかありませんが、コーヒー・紅茶は市販品も多く出回っているので、困ることは少ないはず。

ただデカフェ商品はごくわずかにカフェインが含まれていますので、カフェイン含有量が気になるときは、数値をチェックしてみてください。

ハーブティー

マタニティブレンド

ハーブティーは大量に飲まなければ問題ないと言われていますが、妊娠中は控えたほうがいいハーブがあり、その種類も案外多めです。

ハーブティー専門店などで、妊婦向けにブレンドされたものだと安心して飲めますので、自分で調べるのが面倒な場合は、そういったお店を利用するのがベター。

アルコール風飲料0.00%

お酒を飲む気分だけでも共有したいときに使える、アルコール風飲料。

「ノンアルコール飲料」だけの表記だと、アルコールがわずかに含まれている可能性あるので注意が必要です。

これは、酒税法で「酒類はアルコール分1%以上の飲料」と定義されているため。つまり、「ノンアルコール/アルコールゼロ」という表記でも、アルコール分が1%未満含まれている可能性があります。

なので、ノンアルコール/アルコールゼロに加えて、「アルコール含有率0.00%」と表記しているものを選ぶと安心です。

ミネラルウォーター

妊娠したら水にもこだわりだす人が続出します。(私調べ)

妊娠を機にウォーターサーバーを自宅に導入したり、ちょっと高価なミネラルウォーターを箱買いしたりと、形はさまざま。

もちろん水分補給は水道水でも問題ないですが、おいしさや安全にこだわりたい場合は検討してみるといいかもしれませんね。

公開日:
最終更新日:2015/09/10

NEW POST

【レビュー】AMOMA 妊活ブレンド

今回は、AMOMA(アモーマ)さんの「妊活ブレンド」を飲んでみました♪ “妊活ブ …

【レビュー】AMOMA ミルクアップブレンド

今回は、AMOMA(アモーマ)さんの「ミルクアップブレンド」を飲んでみました♪ …

【レビュー】母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド

今回は、ハーブティー専門店デザインウィズティーサロン(Design with T …

【レビュー】こうのとりのハピネスブレンド(妊活ブレンド)

今回は、ハーブティー専門店デザインウィズティーサロン(Design with T …

【レビュー】ティーライフのたんぽぽ茶ブレンド

今回は、ティーライフさんの「たんぽぽ茶ブレンド」を飲んでみましたのでレポします♪ …